浜松の人も喜ぶ!浜松市蜆塚「菓子巧房ほほえみ」のレーズンサンドが美味しい♪

月日が経つほど美しい浜松の伝統工芸品、あかね屋の「ざざんざ織」

月日が経つほど美しい浜松の伝統工芸品、あかね屋の「ざざんざ織」

※2018年11月18日に公開した記事ですが、リライト記事に必要な文言等を追記、その他の部分も修正して2018年2月11日に再度公開しました。

ざざんざ織及びあかね屋の画像

静岡県の無形文化財にも指定されている、浜松の民芸品「ざざんざ織」をご紹介いたします。

今もざざんざ織を作っている「あかね屋」の四代目、平松久子さんに伺った話を元にまとめました。

てんぐちゃん
てんぐちゃん
皇后 美智子様へざざんざ織りのストールを献上された事もあるんだよ!
Advertisement

ざざんざ織とは

ざざんざ織及びあかね屋の画像

ざざんざ織とは、草木で染めた、月日が経つほど美しくなる絹の織物の事を言います。

高密度で、手織りならではの暖かさを持つのが特徴です。

 

View this post on Instagram

 

うつわ 暮らしの道具 テクラ 宮入 義憲さん(@tekura_miyairi)がシェアした投稿


ざざんざ織の原材料は、2匹以上の蚕が作った繭「玉繭(たままゆ)」

この玉繭で作った糸はとても丈夫なんです。

ざざんざ織で使う糸が丈夫な理由・・・
2匹以上の蚕が作った繭「玉繭(たままゆ)」は、1匹の蚕が作る繭と比べ複雑に絡み合ってできている為、解いた糸に節(こぶし)と言われる糸の塊を含んでいます。
ざざんざ織では、この糸を、さらに数本よりあわせて1本の糸にする為、太く強度のある糸になります。
*「よりあわせる」とは、ねじり合わせるという事。

 

それを時間をかけ丁寧に手織りし、草木で染めたものが「ざざんざ織」です。

 

下の写真は、実際に草木染めで使われる事もあるヤマモモの皮。

草木染めの技法が使用されるのは、晴れの日が多く、温暖な気候の浜松だからこそ。

とはいえ、求める色を出す為に何回も染め、乾かしを繰り返すのでとても手間がかかります。

そのぶん、自然で深みのある色に仕上がるとの事。

10年物はツヤと光沢感がより出ていて、本当に綺麗でした。

ざざんざ織及びあかね屋の画像

また、日本の民藝品であり、東京は目黒の日本民藝館でも展示された事もあるそうです。

日本民藝館については、後の項目「ざざんざ織の歴史」で書いています。

 

ざざんざ織の名前の由来

ざざんざ織及びあかね屋の画像

ざざんざ織の名前の由来は、かつて浜松の名木と言われた「ざざんざの松」からきています。

上の画像が当時の「ざざんざの松」。

「ざざんざ」とは、松が風でなびく音の事で、昔の偉い人が「浜松の音はざざんざ」と詩を詠んだ事が始まりです。

天狗ちゃん下界で遊ぶ
天狗ちゃん下界で遊ぶ
https://teng-chan.com/2019/02/08/post-1152/

 

遠州のからっ風にも負けず 力強く育ち、凛とした松の美しい姿に「ざざんざ織」を重ねたのかもしれませんね。

 

ざざんざ織の歴史

ざざんざ織及びあかね屋の画像

ざざんざ織の歴史は、民藝の父「柳宗悦(やなぎむねよし)さん」の民藝運動に、「あかね屋」の初代当主平松實(ひらまつ みのる)さんが共感した事がはじまりです。

民藝運動とは・・・
民藝運動とは、日常的な暮らしの中で使われてきた手仕事の日用品の中に「用の美」を見出し、活用する日本独自の運動。
1926年(大正15年)、「日本民藝美術館設立趣意書」の発刊により開始された。

ちなみに柳宗悦さんは、プロダクトデザイナー柳宗理さんのお父さんです。

また、東京目黒の「日本民藝博物館」の前進「日本民藝美術館」は浜松にあったと聞いて驚きました。

てんぐちゃん
てんぐちゃん
目黒の日本民藝博物館はむちゃくちゃ良いよ!

Advertisement

ざざんざ織を買える店「あかね屋」

ざざんざ織及びあかね屋の画像

ざざんざ織りは、浜松市中区中島にある「あかね屋」で買う事ができます。

普通のご自宅なので、電話してから行く方がスムーズかもしれません。

〒430-0856
静岡県浜松市中区中島2丁目15−1
あかね屋WEBサイト
053-461-1594
9時00分~18時00分

 

ちなみに「あかね屋」の由来は、当時お店周辺に「あかね」という植物がたくさんあったからだそうです。

草木染めで「あかねの根」を使うと綺麗な朱色に染まります。

あかね屋の代表色はあかね色だったかもしれませんね。

 

ざざんざ織りについての動画

さらに興味がある方は動画もご覧ください。

最後に

フルオーダーも可能との事なので、お金を貯めて買おうと思っています。

実際見て、触れて 完全に欲しいモードです。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

「天狗ちゃん下界で遊ぶ」は、浜松の魅力をお届けするブログです。

SNSでもてんぐちゃんが日々情報をお届けしているので良かったらフォローして頂けると嬉しいです!

 

てんぐちゃん
てんぐちゃん
またきてんぐだよ!